東日本大震災などの危機管理社労士が
300年続く企業に必要な危機管理の実践に関する
特別セミナーを開催!
東日本大震災の危機管理などを経験した社労士が
300年続く企業に必要な危機管理の実践に関する特別セミナーを開催!  
受講する3大メリット

受講する3大メリット
 


今不可欠なコロナ対策が分る

「社員にワクチン接種を奨励できるのか」という疑問から、テレワーク導入指南まで今必要な対策をすべて網羅


社内のコンプライアンスリスクを一掃

利益追求とコンプライアンス遵守の両立を目指した取り組みにより、社内からコンプライアンスリスクを一掃


丁寧なアフターフォローあり

BCP(事業継続計画)の策定についてもサポートすることで、災害に強い企業体制を構築できます

今すく実践
会社継続のための危機管理

今すぐ実践
会社継続のための危機管理

会社が順調に成長していても、思わぬところに落とし穴があります。

急な災害に対する備えは万全ですか?

社内にハラスメントが発生していませんか?

社員との間に余計なトラブルを抱えていませんか?

会社の危機管理上、これらを放置しておくことは厳禁です。

せっかく順調に成長していた会社が、思わぬところでつまづくことになりかねません。

会社を取り巻く危機には、コロナや地震・台風などの外部要因から、
社内で発生するハラスメントなどの内部要因まで様々なものが存在します。
これら危機に対し、何の対策もせず放っておくと、
会社はたちまち存亡の危機に立たされます.
会社を取り巻く危機には、コロナや地震・台風などの外部要因から、社内で発生するハラスメントなどの内部要因まで様々なものが存在します。 これら危機に対し、何の対策もせず放っておくと、会社はたちまち存亡の危機に立たたされます。 

今、とるべき
戦略が分かるセミナー
 

今、とるべき
対策が分かるセミナー
 

今回のセミナーでは、会社危機管理の実践に焦点をあてます。平時において危機管理は、顧みられることも少なく、優先順位が低い事項と位置づけられているかもしれません。
しかし、会社存続にかかわるような危機にいつ襲われるとも限りません。
日本のみならず、世界中がその脅威にさらされている新型コロナウイルス。
感染予防のために何をすべきか?から、従業員にワクチン接種を強く奨励できるのか?まで、会社として検討しなければならないことは多岐にわたります。
このような今そこにある危機から、いつ起こるか分からない地震などの自然災害に対する危機管理まで、企業危機管理士の資格を有する社労士が、いま求められる危機管理の実践ついて、具体的に解説します

今回のセミナーでは、会社危機管理の実践に焦点をあてます。平時において危機管理は、顧みられることも少なく、優先順位が低い事項と位置づけられているかもしれません。
しかし、会社存続にかかわるような危機にいつ襲われるとも限りません。
日本のみならず、世界中がその脅威にさらされている新型コロナウイルス。
感染予防のために何をすべきか?から、従業員にワクチン接種を強く奨励できるのか?まで、会社として検討しなければならないことは多岐にわたります。
このような今そこにある危機から、いつ起こるか分からない地震などの自然災害に対する危機管理まで、企業危機管理士の資格を有する社労士が、いま求められる危機管理の実践ついて、具体的に解説します


セミナー参加をおススメする方
あらゆる災害から会社と従業員を守りたいと真剣に考えている方
会社として実施すべき具体的な新型コロナ対策について知りたい方
BCP(事業継続計画)を策定し、災害に強い会社にしたいと考えている方
社内からハラスメントを一掃したいと真剣に考えている方
営利企業において、利益追求とコンプライアンス遵守の両立は困難と考えているが、コンプライアンスリスクは低減したいと考えている方

開催概要
パワハラ根絶セミナー
名 称 会社危機管理セミナー
日 時 2021年7月17日 土曜日
時間 13:30~15:45
(受付開始13:15)
主 催 HK人事労務コンサルティングオフィス
参加費用 5,000円⇒1,000円
お問合わせ moushokun912@jcom.zaq.ne.jp

開催

オンライン

Zoomによるオンラインで開催します。
お申し込みいただいた方には、ご指定のアドレスにURLを送信いたします。


お申込み・支払い方法
クレジットカード又は、銀行振込支払い
キャンセルについて

お客様の都合によりキャンセルされる場合は、開催日の5日前までにご連絡ください。
お預かりした参加料から返金に係る手数料を差し引いて、ご返金させていただきます。
それ以降のご返金は受け付けておりません。

参加申込について

当セミナーは、社内からパワハラを一層したいと日々奮闘している社長・人事担当者の皆様のための限定セミナーです、
コンサルタント、士業の方のお申込みはご遠慮ください。
参加資格を満たさないと判断される場合には、お申込み後お断りさせていただく場合がございます。
何卒、ご理解ください。

講師紹介

田中 直才

HK人事労務コンサルティングオフィス 代表

新卒で武田薬品工業に入社、MR(営業職)として、
9年間阪大病院を担当した後、先輩に請われ、
ことわりきれず労働組合専従役員に就任。

この間、会社提案のリストラ策への合意により、
組合員よりはげしい苦情にさらされたうえに、
選挙で不信任票まで投じられ、思い悩む日々が続く。

その後、東日本大震災などの災害への的確な対応により、
組合員からの信頼が回復し、計14年間組合役員専従として勤務。
専従役員退任後は会社業務に復帰し、
約3年支店長や営業所長へのコンプライアンス教育担当を経て、
2019年6月末に退職。

社会保険労務士として開業後は、
中小企業経営者に常に寄り添い、
「人事労務面におけるどんなささいな不安も解消する」
「危機管理の充実により会社を危機にさらさない」を
理念にかかげ精力的に活動。
顧問先からは、「いつでも親身になり対応してくれる」と
一定の評価をえる。

演者執筆実績

経営者向けビジネス雑誌「近代中小企業」に連載企画を寄稿

よくある質問
セミナーの内容は誰でも理解することができますか?

専門用語は使用せず、具体例を交えながら丁寧に説明するので、危機管理実務の経験が無い方でも理解していただけます。
 
どのよう内容を学ぶことができますか?
 

セミナーでは主に新型コロナウイルス感染症などの外部要因を起因とするものから、社員のコンプライアンス違反などの内部要因に起因するものへの対応まで、主要な危機管理の実践に関する時間をとっています

 
新型コロナウイルス感染症に関する内容は、どのようなものなのですか?
 

感染予防対策から、社内から感染者が出た際の対応、テレワーク時の労務管理、社員にワクチン接種を強く奨励できるかなど、今知っておくべき内容を詳しく説明します。

企業は様々なリスクにさらされています。
それらリスクが、会社経営上の危機に発展しないよう、常日頃から細心の注意を払っておくことが必要です。
そのためには、会社にとって何が危機なのかを把握し、それらに対する対応策を準備しておくことが求められます。
特に成長軌道に乗った会社は、思わぬところで足をすくわれないよう、危機管理に力を入れる必要があります。

ぜひこのセミナーに参加していただき、
300年続く会社とするための知恵を手に入れてください。

HK人事労務コンサルティングオフィス
田中直才

PAGE TOP
MENU